ダヤン君通院生活日記の裏話(二か月目)

生き物関連
08 /31 2017


こんにちは、ぽち猫です。
ダヤン君通院生活62日目…飼い主が使っていたハズの氷枕に頭を乗せてグースカ寝ている黒猫とサビ猫軍団(今日は点滴お休みの日)。

事の経緯は追記に書いています。




明日でダヤン君通院生活日記も丸二か月になる。
ちょうどいい機会なので、“裏話”的なものをまとめてみようと思う。


2017年8月1日(火)
病院内で一番“鳴く”猫の本領発揮。
動物のために尽くしているのに、嫌われる獣医さんの寂しそうな笑顔に爆笑してしまった酷い飼い主が二人ほど居たそうだ…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月2日(水)
6年も一緒に過ごした6号の訃報…。
物言わぬ貝殻となってしまった6号を埋めるときに、少しだけ泣いてしまいました…。

2017年8月3日(木)
キャリーバックに指を突っ込める程度の穴が出現。
鳥に関しては、ごっつ小さいうちに人口給餌に慣らしとかな育たへん」と、獣医さんは色々な事を教えてくれる。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月4日(金)
不器用ながらも、猫たちの為に試行錯誤中。
腰が痛くても高いところに登りたがる猫たちの為に、いろいろと改造しています。

2017年8月5日(土)
約1ヶ月続いた投薬生活が無事に終了。
しんみりとした雰囲気を察してボケに走る、飼い猫の鑑ダヤン…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月6日(日)
14歳の我が家の長老猫のダヤンの好きな場所は、棚の上に無造作に置かれたダンボールの上。
登るのは上手だが…降りるのは苦手である。

2017年8月7日(月)
大雨の日に徒歩で猫を担いで病院に向かう飼い主…。
びっしょびしょの状態で駆け込み、必死にダヤンの毛皮を乾かす一同…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月8日(火)
本猫はまだまだ若いつもりでも、身体は年相応。
大ジャンプの構えをすると、すぐさま回収して床に降ろされる。

2017年8月9日(水)
6年も一緒に過ごした4号の訃報…。
物言わぬ貝殻となってしまった4号を埋めるときに、少しだけ泣いてしまいました…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月10日(木)
食欲があるだけでホッとする飼い主。
艶々な真っ黒毛皮が自慢。

2017年8月11日(金)
お盆休み中に集結する、常連組。
1ヶ月以上通っていると、顔見知りも増えていく。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月12日(土)
カタツムリが竹輪を食べるとは思ってもいなかった…。
生き物と生活するのは、発見の毎日である。

2017年8月13日(日)
常連組の飼い主の中で、一番“若い”のがぽち猫(らしい…)。
子供扱いをされている気もするが、仲良くしてもらえるのは純粋に嬉しい。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月14日(月)
節々が痛いと、身繕いも一苦労。
しかし、高いところに登れぬ奴は猫ではない!と言わんばかりに棚によじ登る長老猫…。

2017年8月15日(火)
“大人しい猫”で有名なダヤンの逆襲。
引っかいたり噛んだりはしないけど、それでも嫌がり方が如実になって来た。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月16日(水)
点滴のない日は、お互いにのんびりモード。
カーテンを開けると猫たちがゾロゾロと集まって来るのが面白い。

2017年8月17日(木)
ダヤンは声の低い男性が苦手。
キャリーバックを担いで街を歩いているとよく声をかけられるが…ダヤンが反応することは、ない。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月18日(金)
初代カタツムリの“ヨーゼフ”が1年くらいの付き合いだったので、ツムリーずの面々は数年前からずっと「そろそろ寿命なのかな…」と言われ続けている。
…カタツムリの種類が全く見分けがつかない為、未だにツムリーずの平均寿命が分からないのだ。

2017年8月19日(土)
ダヤンは声の低い男性が苦手。
でも、ちょっとだけ雰囲気が怖い人が動物好きだと、和みますよね(ギャップ?)。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月20日(日)
だいぶ体調が安定しているので、少しでもストレスを減らす方法も模索中。
どれだけ気を使っていても、移動中の揺れがない分、点滴回数が減った方がダヤンも楽なのかもしれない…。

2017年8月21日(月)
前から気になっていた“成人式済みのミューちゃん柄の男前にゃんこ”とご対面。
ちなみに初対面は“2017年7月28日(金)”である。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月22日(火)
飼い主、夏バテでダウン中…。
ゴロゴロ音は有難いが…如何せん、重い。

2017年8月23日(水)
ダヤン君通院生活54日目…ダヤンが大人しいからか、病院スタッフの方々によく弄られまくる。食欲がある事は良いのだが、もう少しゆっくり寝かせてほしい。
キャリーバックが壊れてから、点滴中はスタッフのお姉さん達の玩具扱いである。
愛想は悪くない方ではあるが、やっぱりダヤン的にはあまり触られたくはないようだ…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月24日(木)
私が生まれ育った街は地蔵盆があるのだが…他の地域も盛んに行われているのだろうか?
キャリーバックはお取り寄せしてもらいました。

2017年8月25日(金)
獣医さんの事は全面的に信用してはいるのだが…10年前、この病院でルー君を逃がされたのも事実である。
1ヶ月間の野良生活を経て、ルー君は“捕獲檻”で捕まえられて帰ってきた。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。

2017年8月26日(土)
食欲が減ったルンルンの為に、ホームセンターに向かう飼い主の顔色もあまり良くない夏の日のこと…。
暑いと体調が崩れやすくて、本当に辛い…。

2017年8月27日(日)
安定してきたとはいえ、油断は大敵。
定期的に様子を見ることは大事である。

2017年8月28日(月)
少しでも“変化”があれば、すぐに検査。
21歳のナミヘイ君の健康の秘訣…「完全室内飼いでキャットフードだけをあげていれば、何もしなくても長生きするわ
<処置内容>血液検査+点滴(栄養剤入り)。

2017年8月29日(火)
けっこう重いのですが、猫たちの“重み”と“温もり”は嫌いにはなれないものだ。

2017年8月30日(水)
朝になったら、さっそくキャリーバックを取りに行く予定。
ダヤンが新しいキャリーバックを気に入ってくれると良いな…。
<処置内容>点滴(栄養剤入り)。


まだまだ長くなるであろう通院生活。
正直、少しだけ“しんどい”とは思っているが、ダヤンの為なら頑張ろうと思えるのだから不思議なものだ。

猫の存在って、本当に大きいと思う…今日この頃です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、とび森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。