FC2ブログ

映画鑑賞「メアリと魔女の花」

映像鑑賞記録
08 /28 2018

こんにちは、ぽち猫です。
「サバイバルファミリー」という映画も借りていたのですが…前半部分は睡魔に負けて机に突っ伏して寝てしまい、寝起き状態で見ていた後半部分では“骨折描写”に慄いてしまったので、鑑賞記録に残す事はないと思われます(一緒に視聴していた母曰く「“ラ・ラ・ランド”、“美女と野獣”、“メアリと魔女の花”の三作と比べると、遥かに面白かった。」との事…)。

「映画」の感想は、追記に書いています。
ポケモンGO九月二日




今回レンタルした映画は、コレが最後ですね。

…あぁ、なんか“ジブリ”じゃないのに、“ジブリ映画”感満載の宣伝してたヤツね。


この映画の内容を一言で説明すると…。

歴代“ジブリ作品”に、“ハリー・ポッター”シリーズを付け足したアニメ映画。

…という感じでしょうか?

魔女、ふたたび。」というキャッチコピーの通り、ジブリ映画をかなり意識した映画でした。


<序盤…視聴“1回目”。>
お母さん、こういう“言う事を聞かへん子供”嫌いやわー。

昔っから、ずっと言っとるよな…ソレ。

出来ひんのなら動かんといてほしいわ。手伝いたいって言うなら、ジッとしとくのが一番やん。

…その教育方針のおかげで、無事に私は“自分から動く”事が苦手な人に成長してしまいましたとさ。


<中盤…視聴“1回目”。
なんか、見た事があるシーンばっかりやなぁ…。

…アカン、酔った。

えぇ?どのシーン?

学校案内でクルクル回ってるところ…。


<終盤…視聴“1回目”。
面白かったけれど、どのシーンが面白かったか聞かれると困る作品ではあったね。

なんか、強制的に“間違い探し”をさせられている感覚に陥る映画やったもんね。

あと、主人公の性格が応援できひんのが痛かったよなぁ…。

…ほぼ同じ顔の登場人物はメチャクチャ美人やったのに、なんで主人公は可愛く見えなかったんやろうね?

面白くない事はないのですが、「わざわざ“ジブリ映画”のシーンを真似てまで描く必要はあったのか?」という疑問を抱く描写が多かったので、見ていても“新鮮味”や“ドキドキ感”を味わえる事がなかった…と、いうのが“本音”です。


<序盤…視聴“2回目”。>
何故、名前を知った後でも、二匹の関係性に疑問を抱かないのだろうか…?

私なら、あそこまで顔が似ていたら“兄弟”と認識するけれど…。“思い込み”って、怖いよね

…と言うか、この主人公の性格、受け付けへんわー。

何なんだろうね?自分から近付いといて、“巻き込まれましたー!”っていう感じがダメなのかな?


<中盤…視聴“2回目”。
“字”は見た事がないのに、この人達はどうやって会話していると言うのだろうか…?

…“魔法”って、本当に便利な言葉だよね。それだけで説明できちゃうんだもん。

あの動物達も一体、何処から連れ去られてきたんだろうね?

最初は“下”からかとも思っていたけど…。それだと、“校長”の知識に矛盾が出るのよね。かと言って、近場から調達している設定だと、“猫”が誘拐された理由が説明できないし…。

あと主人公と友達さぁ…。何故、飛び降りない!

“亀”ですらダイブしていましたし、この後のシーンを考えると、きっと主人公達が飛び降りても大丈夫な高さやったんやろうしね。


<終盤…視聴“2回目”。
動物達の活躍シーンが、とても唐突に感じますね。

私はそれよりも、階段を上るだけでバテていた主人公が、かなりのスピードで“ロッククライム”していた所に違和感を感じました。

それと、“科学者”が改心したシーンはあるのに、“校長”はずっと気絶したままなんですね…。

私はそれよりも、騒動後に他の生徒達が跡形もなく消えてしまった事の方が疑問に思ってしまいました。

…最後に、全体を通して主人公の行動のほとんどが“空回り”だった事が引っ掛かったわ。

“魔法の実を取り返す!”からの、“魔法なんて、いらない!”からの、“魔法が使えるのは、コレが最後!”…でしたからね。どうしても、チグハグとした感じが払拭できないんよね…。

あと台詞がかなり間延びしているので、「もう少しハキハキと話していれば、“説明不足”を補う時間が出来たのでは…?」と思ってしまいました。


<…おまけ。>
ぽち猫の“ジブリ映画”の知識…。
天空の城ラピュタ」…“ママ”の強さと包容力が好き。
となりのトトロ」…ジブリ映画の中で、一番カッコ良い“人間”は“カンちゃん”だと思っている(“動物”は別)。
火垂るの墓」…題材が“戦争”、さらに舞台が近所なだけに、観るのが辛い。
魔女の宅急便」…キャラクターやストーリー、雰囲気も引っ括めて一番、好きな作品。
おもひでぽろぽろ」…私も“田舎”に憧れているので、主人公の気持ちが痛いほど解る。
紅の豚」…“美女”と“オジサマ”と“美少女”のやり取りが素敵だった。
平成狸合戦ぽんぽこ」…ある意味、一番“観ていて辛い”作品。
耳をすませば」…私もいつか、“小説”というものを書いてみたい。
もののけ姫」…もふもふ狼さんに跨る主人公達が羨ましかった思い出。
ホーホケキョ となりの山田くん」…私は、“味噌汁にご飯を入れる派”です。
千と千尋の神隠し」…最近、この映画を観て、「かなり“ホワイト”な職場だよな…。」と思ってしまった自分に、とても悲しくなりました。
猫の恩返し」…紳士的な“イケ猫”よりも、世話焼きな“男前にゃんこ”の方が好みです。
ハウルの動く城」…無性に“ベーコンエッグ”が食べたくなる作品。
ゲド戦記」…何度も見ているのに、未だに主人公の行動がよく分からない。
崖の上のポニョ」…参照<映画鑑賞「崖の上のポニョ」>。
借りぐらしのアリエッティ」…題材は好きだけど、映画の雰囲気はあんまり好みじゃなかった。
コクリコ坂から」…何回か見たハズなのに、ストーリーを全く覚えていない作品。
風立ちぬ」…序盤早々に“骨折”描写があるので、多分、もう観る事はない。
かぐや姫の物語」…面白いとは思わないけれど、独特の雰囲気があって何度も観てしまう“謎”の中毒性を感じる。
思い出のマーニー」…何回か見たハズなのに、全くストーリーを覚えていない作品その2。
レッドタートル ある島の物語」…“ある映画”を観に行った時に、ポスターを横目で眺めていた思い出しかない。
風の谷のナウシカ」…まだ“ルンルンちゃん”が懐いてなかった頃、主人公の“真似”をして指をパンパンに腫らした事は、かなり痛かった思い出。

上記の映画を意識した描写が多いので、“オマージュ”作品が好きな方なら楽しめると思います。
*逆に「ほぼ同じ描写なら、“基”になった映画を観る。」という考えの方だと、かなり疲れてしまうかもしれません…。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。