FC2ブログ

夢日記 第102夜「多足類の悪夢」

夢日記「Dream Diary」
04 /22 2019

こんにちは、ぽち猫です。
“SCU”に入院している祖母の“お見舞い”に行って来ました(今日は“お風呂”に入ったようで、いつもより“洗濯物”が多かったです)。

「夢日記アプリ」に投稿する予定だった、“夢”の物語です。




<“虫”に関する表現が含まれている為、ここから先は“閲覧注意”です。>
*読むか、読まないか…は、“自己責任”でお願いします。


とてつもなく、“嫌な夢”を見た。
一時間だけ昼寝をするつもりで布団に寝転がっていたのだが、あまりの気持ち悪さに十分と経たずに飛び起きてしまった。

…これは、それ程までに恐ろしい夢の話だ。


――


…一ヶ月程、前の事。

日当たりの良い、ベランダに面した部屋。
私はココで昼寝をするのが、本当に好きだった。

巾木に足をかけては滑り落ち続けている、“蚰蜒”の大群を見付けるまでは…。


――


「ソッチ、行ったで!」

母の声に、バケツを構えて反応する。
鬼気迫る表情で壁にぶつけると、ポロリと奴の身体が落下した。

自慢の反射神経でソレをバケツで受け止めると、カコンッと軽い音がする。
…全く関係のない話だが、この時に使用していたバケツは小学校でしか見た事がないような古い金属製のモノだった。

「次、壁の上の方や!」

自分が持っているバケツの中で奴が蠢いていると考えて肌がゾワリと粟立つが、取っ手を放そうとする手を叱咤するように壁に力いっぱいバケツをぶつけ続ける。

――ガゴンッ、ポロ…。

「コレで、全部?」

「多分、ソレで全部。」

おそらく最後の一匹であろう輩もバケツの中に収めた私は、窮屈そうに蠢く奴等を見て身震いした。

「…じゃあ、茹でますか!」

折り畳み式の簡易テーブル。
その上で、カセットコンロがグツグツと鍋の中の湯を煮立たせている。

「全く気は進まないけれど、コレも“経験”だよね…。」

母にバケツを手渡すと、物凄く嫌そうな顔で受け取ってくれた。
…そして、鍋の上でバケツを引っ繰り返して“中身”を投入する。

「うわぁ、“海老”みたいに赤くなってきたよ…。」

「…まぁ、似たようなモンだしね。」

数十秒から、数分の間。
私達はクルクルと浮いては沈んでいく奴等の“最期”を眺めながら、ゲッソリとした表情で溜め息を吐いた。


――


お湯をバケツの中に移し、残った奴等をキッチンペーパーを敷いた大皿の上に乗せる。
余分な水分を吸ってヘニャっていく紙束の姿は、丸で私達の心境を表しているようだ。

「…いただきます。」

「はい、召し上がれ。」

菜箸で奴等を摘み、ゆっくりとした動きで口の中へと放り込む。
シャリシャリとした歯応えと、ムキュっとした食感が広がった。

「…“味”は、美味しいです。」

「えっ?嘘やろ!」

驚く母に、出来損ないの笑顔を向ける。
心境としては、“もう、笑うしかない…”であった。

「…正直、“海老”の殻よりは食べ易いと思うよ。」

――生前のモシャモシャとした動きを忘れる事が出来れば、許容範囲の中には入るだろう。

ゴクリと飲み込むと、半信半疑の様子だった母も“蚰蜒”に手を伸ばしていた。


――


…コレは、昨日の事。

昼間でも薄暗い、日当たりの悪い部屋。
強烈な“肩”の痛みを感じた私は、両肩に湿布を貼った。

この後、“恐怖体験”を味わう事になるとは思ってもいなかった…。


――


生温くなった湿布を剥がすと、粘着部分に十数個の小さな卵が付いていた。

真っ白、ではない。
薄い黄色のような色合いである。

「…うわぁ、気持ち悪い。」

嫌悪感に従ってゴミ箱に放り投げようとするが、何やら嬉しそうな表情の母に止められた。

「ソレ、“蝸牛”の卵やん!」

「いや、絶対に違うやろ。」

我が家には、九年という年月を共に過ごして来た蝸牛(通称、つむりーズ)達が住んでいる。
“晩年”認定されてから数年ほど経過したが、今でも時々、“家族”を増やす為に卵を産むのだ。

「もうすぐ生まれそうやし、良かったね!」

ニコニコと笑う母は、仕舞っていた虫籠を探しに台所へと向かう。
仕方が無いので湿布を手に持った状態で観察していると、卵にヒビが入った。

「…え?」

突然の事すぎて、空だが動かない。
左下の卵から順に色素の薄い“百足”がモゾモゾと現れるのを見た私は、すぐに捨てなかった事を物凄く後悔した。

「…“ゲジゲジ”を食べて美味しいと感じた夢よりも、酷かった。」


ーーここから夢の感想ーー

“ゲジを美味しく食べる夢”と、“白いムカデを見る夢”は、どちらも金運アップの“大吉夢”だそうです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。