FC2ブログ

思い出語り「“御伽噺”の解釈は、“一つ”だけとは限らない」

想い出備忘録
10 /27 2019

こんにちは、ぽち猫です。
私の“絵柄”の基礎を作り上げたお姉さんのイラストを母に見せた所、「確かに、似てるね。」という評価を頂きました(その後、「でも、ドッチがアンタが描いた絵かすぐに判るよ。」と言われたのが、嬉しかったです)。

「思い出話」は、追記に書いています。
ポケットキャンプ2020年2月3日




“赤頭巾ちゃん”の粗筋、知ってる?

…会話の始まりは、いつだって唐突だ。


――


ある所に、一人の女の子が居りました。
いつも赤い頭巾を被っていたので、皆から“赤頭巾ちゃん”と呼ばれていました。

ある日の事。
“赤頭巾ちゃん”は、“お母さん”から御使いを頼まれました。

「森の奥に住んでいる“お婆さん”の所に、お見舞いの品を届けておくれ。」

早速、出発しようとする“赤頭巾ちゃん”に、“お母さん”は言いました。

「森には“狼”が住んでいるから、決して道草を食ってはいけないよ。」


――


「おや、そんなに急いで何処に行くんだい?」

森の中を歩いていた“赤頭巾ちゃん”に声をかけたのは、“お母さん”が忠告していた“狼”でした。

「“お婆さん”の所に、お見舞いの品を届けに行くの。」

「ほう、それは感心な事だ。」

“赤頭巾ちゃん”の返答を聞いた“狼”は、にんまりと笑います。

――先回りをして“お婆さん”を食べた後、“赤頭巾ちゃん”も頂く事にしよう…。

「この道から逸れた所に、とても綺麗な花が咲いているのを知っているかい?」

「“お母さん”に、道草を食ってはいけないと言われているの。」

「でも、此処に“お母さん”は居ない。それに、“お婆さん”へのプレゼントにピッタリだと思うよ。」

結局、“赤頭巾ちゃん”は“狼”に教えられた場所に向かう事にしました。
…そして、先に“お婆さん”の家に到着した“狼”は、“お婆さん”をペロリと呑み込んでしまいました。


――


「“お婆さん”、お見舞いの品を持って来たわ。」

少し遅れて来た“赤頭巾ちゃん”を出迎えたのは、“お婆さん”の服に身を包んだ“狼”でした。

「よく来たね、“赤頭巾ちゃん”。さぁ、“お婆さん”の近くに来ておくれ。」

言われた通りに近付いた“赤頭巾ちゃん”は、首を傾げて訊ねました。

「どうして、“お婆さん”の目は大きいの?」

「お前の顔を、よく見る為さ。」

“狼”の言葉に頷きつつも、“赤頭巾ちゃん”は訊ねました。

「どうして、“お婆さん”の耳は大きいの?」

「お前の声を、よく聞く為さ。」

“狼”の言葉に頷きつつも、“赤頭巾ちゃん”は訊ねました。

「どうして、“お婆さん”の手は大きいの?」

「お前の事を、抱き締める為さ。」

“狼”の言葉に頷きつつも、“赤頭巾ちゃん”は訊ねました。

「どうして、“お婆さん”の口は大きいの?」

「お前の全てを、呑み込む為さ。」

鋭く尖った牙を光らせて、“狼”は“赤頭巾ちゃん”をペロリと呑み込んでしまいました。


――


「なんという事だ、“狼”に“赤頭巾ちゃん”と“お婆さん”が食べられてしまった!」

満腹になった“狼”が眠っていると、足音を忍ばせた“猟師”が近付いて来ました。

「…もしかすると、“赤頭巾ちゃん”と“お婆さん”は生きているかもしれないな。」

大きく膨らんだ腹が動いている事に気が付いた“猟師”は、“お婆さん”の家にあった洋裁バサミで“狼”の腹を切りました。

「あぁ、ビックリした!“狼”の中は、とっても狭いのね!」

「“赤頭巾ちゃん”、まずは助けてもらった礼を言わなくてはいけないよ?」

無事に救出された“赤頭巾ちゃん”と“お婆さん”は、“猟師”に感謝の言葉を伝えました。

「私、もう絶対に道草を食わないわ!」

力強く宣言する“赤頭巾ちゃん”を、“お婆さん”と“猟師”は優しく見つめていました。


――


アンタに読み聞かせた記憶はないけど、ちゃんと説明できる?

“お婆さん”のお見舞いに行くように“お母さん”から頼まれた“赤頭巾ちゃん”は、色々あって“狼”に食べられてしまうが“猟師”に救出されて事無きを得る話。

細かな設定は覚えていないが、大まかな流れは合っているだろう。

この物語で一番、“悪い”のは誰だと思う?

話の意図は全く読めないが、私はアッサリと言った。

“お母さん”。

なんで?

“狼”がウロチョロしている事が分かっている森に、幼子を一人で向かわせるのは駄目な事でしょう?

そっか、アンタは“母性本能”が強いんやねー。

ケラケラと笑う母は、こう付け足した。

お母さんは、“赤頭巾ちゃん”だと思ったわ。

なんで?

だって、言い付けを守らずに甘言に引っ掛かったのが悪いと思うやん?

悪者の定義が“真逆”だったのは、“立場の違い”もあるのだろうか…?


・…おまけ。
ポケットキャンプ2020年2月3日2

Aさん(二児の母)。
“猟師”が悪い。そんな危険な“狼”を見逃していた時点で、職務怠慢も甚だしい!

Kさん(保護者)。
“お婆さん”が悪い。そんな危険な場所に住んでいなければ、誰も傷付かなかった!

Mちゃん(乙女)。
“狼”が悪い。肉食動物とは言え、人間を食べなくても飢えはしない!

…ちなみに、コレは“心理テスト”ではない(らしい)。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。