FC2ブログ

夢日記 第108夜「子鼠ファンタジー」

夢日記「Dream Diary」
12 /08 2019

こんにちは、ぽち猫です。
我が家の“ビビリ”担当であるコムギ君が、“取って来い”をマスターしました(今朝、初めて挑戦したのですが、いつの間にか“百発百中”で持って来るようになっていました)。

「夢日記アプリ」に投稿する予定だった、“夢”の物語です。




それは、短編映画の世界。
“水”を操る能力を持つ、少しだけ身体の大きなハムスターの物語。


――


「皆、仲良く“お留守番”しているのよ?」

飼い主の言葉に、子鼠達は笑う。
人間でも“広い”と感じるマンションの一室は、身体の小さな彼等にとっては広大すぎるダンジョンだ。

――パタンッ…。

玄関のドアが閉まると、子鼠達は歓声を上げて走り出した。


――


生活感が溢れる洗面所に飛び込み、トイレの前で力を込める。
全身の毛が逆立つような感覚の後、中の水が浮かび上がった。

「わーい!」

散らばった洗濯物の上で待つ兄弟達から、甲高い機械音のような歓声が上がる。
そして、ぐんにゃりとした動きで形状を変えながら、彼等を優しく掬い上げた。

「見て、シンクに金魚が泳いでいるよ!」

子鼠達を乗せた水流は、部屋中に水滴と笑い声を撒き散らしながら飛び回るのだった。


ーーここから夢の感想ーー

先に投稿していた“ボトルメール”アプリ内で、多くの“高評価”を頂いてビックリしました。
*“二百五十文字”という字数制限があった為、かなり苦労して纏め上げた思い出…。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。