FC2ブログ

夢日記 第38夜「不思議世界の王の味」

夢日記「Dream Diary」
03 /30 2017

こんにちは、ぽち猫です。
“桜”が全く咲いていないのですが、暑いですね…。

「夢日記アプリ」に投稿中の“夢”の物語です。




絵の具を直接スケッチブックに絞り出し、幼子が両手で塗り込めたような斑な世界は黒かった。

――濃淡は、辛うじて分かる。

しかし、視界には黒い靄がかかり、自らの足元すら満足に見る事は叶わない。

「私は、何と虚しい世界に住んでいるのだろう…。」

キョロキョロと光源の代わりになりそうな物を探していると、地の底を這うような…それでいて蕩けるような美声が耳を擽る。

体勢を低くし、目を凝らす。
じっと一点を見つめていると一瞬、何かが光った気がした。

そちらの方に静かに足を進めると、ブーツの先にコツンッ…と、何かが当たる。

小石のような…それよりも、もう少しだけ軽く、柔らかな“何か”。
手を伸ばしてソレのある場所を探ると…ヌメッとした感触が手を汚す。

嫌な感触に眉を寄せて、手を眼前に寄せた瞬間…。

眩しい光が辺りを包んだ。


――


音程が所々ズレたオルゴール。
カラフルな風船が浮かび、キラキラと輝く紙吹雪が宙を舞う。

誰も乗っていないメリーゴーランドが回る速度は異常に速く。
小さな観覧車にぶら下がるゴンドラは枷が外れているのか、動く度に不安定に座席を揺らしていた。

――誰も居ない、遊園地を模した部屋…。

ぼんやりと立っていると、不自然に上がったままの右手から、何かが垂れる感触がした。

――ほろほろと零れる、虹色のゼリービーンズ。

液体が肌を撫ぜる感覚が…。
手の平から雫が流れる感覚が、私を襲う。

しかし、視界が認識しているものは、固形物である砂糖菓子がカラフルなタイルを叩く映像。

――ピチャピチャと跳ねる音と、鼻腔に走る鉄の臭い…。

その粒を舐め取ると、不思議な事に香ばしい焼き菓子の味がした。

――バターと小麦粉、バニラオイルの調和されたクッキーの味…。

一粒、また一粒と指に纏わり付いたお菓子を口に含む。
色鮮やかな甘さに顔を綻ばせながら、奥に鎮座する豪華な玉座に目をやる。

道案内のように散らばる、種類豊かな砂糖菓子が示す先。
鮮やかな生地で形作られた着ぐるみの胴体。

その手にくっ付く杖は力なく床を指し、その先に転がる頭部は宙を向いていた。

「ほら…。出来損ないばかりが周りを固める様は…本当に無様なものだろう?」

問いかけに答える気はなく、頭部を拾って胴体に乗せる。
そして、玉座の近くに落ちていた王冠を被せて、空っぽの瞳に目を合わせるように覗き込む。

「私は…。この世界ですらも、壊れてしまう存在なのだよ…。」

ボロボロと眼窩から金平糖を零す王の姿は、言いようがない程に哀れだった。


ーーここから夢の感想ーー

露骨な表現よりも、間接的な表現の方が狂気じみていて怖いと思った。
*…ゼリービーンズはレモン味が好きです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

夢の中で鋭い味覚があるのは良いですね!

というか、そういう幻想的な夢が見られることが羨ましいです...

Re: 夢の中で鋭い味覚があるのは良いですね!

こんにちは!
ブログ訪問&コメントありがとうございます!

私の夢は毎回、“匂い”や“味”を鮮明に表現してくれます。
…でも、幻想的な夢も楽しいですけど、私は“明晰夢”を一度も見た事がないので、いつかは見てみたいですね。

お優しいコメント、本当にありがとうございました!

私も、明晰夢を見る頻度が少ないので、そこが課題です。

一緒に乗り越えていきましょう

Re: 私も、明晰夢を見る頻度が少ないので、そこが課題です。

こんにちは!
ブログ訪問&コメントありがとうございます!

はい、一緒に頑張りましょうね!

お優しいコメント、本当にありがとうございました!

夢にまで出てくる、着ぐるみの恐怖…って、感じですね!

不気味で恐ろしい夢の筈なのに、何故か格好良く感じます!

Re: 夢にまで出てくる、着ぐるみの恐怖…って、感じですね!

こんにちは!
ブログ訪問&コメントありがとうございます!

この夢の雰囲気は、どちらかと言えば“悪夢”の分類なのでしょうか?
…あと、着ぐるみはやっぱり“恐怖対象”です。

お優しいコメント、本当にありがとうございました!

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。