FC2ブログ

「女子会」という名の“報告会”~お見舞いと集合編~

乙女達の奔走劇
05 /12 2017

こんにちは、ぽち猫です。
女子会に行く前に、入院中の祖母のお見舞いにも行きました。

事の経緯は追記に書いています。




珍しくMちゃんからの提案で幕を開けた女子会。

…しかし、私は女子会に向かう前に行かなければならない場所があるのです。


あぁ、ぽちちゃん!一人で来たんかぁ。

入院中の祖母は認知症を患っているので、毎日誰かが会いに行かないといけません。
今日は母がお見舞いに行く日だったので「顔、見せるだけで良っか。」と思って、会いに行ったのですが…。


あっ、お孫さんですか?これからリハビリなんですけど、後の方が良いかしら

ぽちちゃんも一緒に行くよなぁ?此処(病室)に居っても退屈やろ?

あぁ、それは良いですね。一緒に行きますか

…へ?

ニコニコ笑顔で靴を履く祖母と、いろいろとお話が聞きたいと笑顔の理学療法士のお姉さん。
一応、集合時間の一時間前なので余裕はあるのですが、初めてのリハビリ付き添いに戸惑うぽち猫…。


お祖母様の歩き方とか、やっぱり前と違いますか?どうしても右足が遅れがちなんですが…。

んー?

婆ちゃん、前ちゃんと向こな?うーん…。6年くらい前に骨折していて、その時にプレートを右足に入れてるんですよ。それからずっと右足には違和感があるのか、庇った感じで歩いてはいました。

あら…。じゃあ、前からこんな感じの歩き方

え?なんて?

婆ちゃん、前、前。ここまでヨタヨタ?ではなかったとは思いますけど、前からすり足?気味でえっこらえっこらした感じではありました。

ふむ…。まだちょっと上半身が安定していなくて、どうしてもブレちゃうんですよね。あと歩いていると右に傾いてくるんです。ご本人は一生懸命、歩く意思があるのですが…。

早く走りたいわぁ。

うん、でも婆ちゃん走ったらアカンで。そうなんですよ!婆ちゃん根がせっかちなんで、早く歩こうと足が上がらないのに進もうとするから、すり足になっちゃうんです!

なんで足動かんのやろねぇ。

はははっ…。すごく分かります。本当に頑張り屋さんな方なので、どうしても頑張っちゃうんでしょうね

ここが病室か?じゃあ、もう大丈夫やで。ありがとうございました。

婆ちゃん、ここまだデイルームや…。心臓も悪いので、本当に大人しくしてもらいたいんですけどねぇ。

フロア内を練り歩く祖母。
祖母の横に付いて私の話を聞く理学療法士さん。
…そして、その後ろをちょこちょこと付いて行くぽち猫。

あまり広くない廊下なので、三人固まって移動していたのですが…まぁ、目立つ目立つ(そりゃ、そうだ)。


リハビリ中にいろいろと話を聞かれますが、声に反応して祖母が後ろを振り返って後ろ向きに歩こうとするので、その度に注意する感じ。

これが毎日かぁ…。スタッフさん的には、物凄く面倒な患者なんやろなぁ…。

と、我が祖母の自由っぷりに遠い目になる孫。

同じ病室の方々はみんな寝たきりなのですが、作業されている方々の‟本音”がメッチャ聞こえるんですよ。
流石に私が居る時に祖母の事を言う人はいませんでしたが、それでも想像できる感じなのですごく申し訳ないです…。


理学療法士さんにお礼を言って「さて、そろそろ行くかぁ…。」と、鞄を持つと…。

あ、妹さんですか

…は?

おそるおそる覗き込むように歩み寄って来る看護師さんたちには気付いていたのですが、声をかけられても内容が理解できずにポカン…。
*ぽち猫は‟一人っ子”で、同じく‟一人っ子”の従弟Sから見れば‟姉ちゃん”に当たります。


あっ!お孫さんでしたか!?

え?あぁ、はい。

…ここでぽち猫、気付く。

――祖母の娘二人(母と叔母)の内の妹さんと間違われたのかっ!?

マスク装備状態(病院内では必ず着けています)なので、顔がよく見えなかったのかもしれませんが…。

――26歳も上の叔母に間違われたんかいっ!?

ドレス風フリル付きキャミソールの上にパーカー羽織ってる叔母は、流石にナイんじゃないかな…。
*私と叔母は似たような丈長タイプのものを好んで着ていますが、今日の服は叔母的に「(ダサいから)ナイわ。」って一蹴された経験が…(叔母ちゃんに‟ダサい”って言われる姪って一体…)。


愛想の良さを発揮し、ニコニコとお話を伺うと…。

今日、お母さまとかは来られますか

夕方頃に来ると思いますけど…何かお話でも?連絡してすぐ来るように伝えましょうか?

いえ、急ぎのお話ではないのですが…。お祖母様、ずっと折り紙をされているので、お暇なんじゃないかなぁ、と

…はぁ。

…私では、祖母の暇を潰せないように見えたのでしょうか?
*私が来た時は折り紙してないのに…。


その後も必要ない(と思われる)ものを売店で販売しているからとペラペラと話され、去り際にコチラをチラリと見て…。

お子さんにしてはエライ若いとは思ってたんよ

と、一緒に来ていた看護師さんに言っていました。

じゃあ、孫と言えよ…と、思わないでもないですが…。
*前に叔母が「お孫さんですか?って聞かれたわ!」って、嬉しそうに言ってたし…。

とりあえず時間が迫っていたので祖母にバイバイをして駅に行きました。


いつもとは違う駅から電車を待つ間にMちゃんにメールをポチポチ…。
いろいろと想定外の出来事があったので、待ち合わせ時間に間に合いそうになかったからです。

送信後すぐに電車が来たので、止まるのを待っていると…電車に乗っている見知った顔と目がパッチリ。

あれ?Mちゃん?おはよう…。

おはよ!いやぁ、偶然やね!

まさかのMちゃんと合流…。


笑顔のMちゃんに送ったメールの説明をしますが、Mちゃんは驚いた顔で一言。

あれ?この電車やと間に合わんかったん?

…。

いつも‟待ち合わせ時間ピッタリ”に届く‟遅れますメール”に頭を捻っていたのですが…。

――そうか、遅れることが“確定”してから送っていたのか…。

…まぁ、今回は私も“遅刻”確定だったので、Mちゃんを待たせなかったことに安堵するべきですね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。