FC2ブログ

ホワイト 第1話「また のちほど いらしてください」

「ホワイト」プレイ日記
06 /20 2017

こんにちは、ぽち猫です。
久しぶりに、母と“ケンタさん”を食べました(“コーン”が、私のです)。

「ポケモン」プレイ日記は追記に書いています。
ケンタッキー6月21日




…ずびぃー。

困ったわ…。わがしちゃんはポケ二倍、寒さが苦手なのに…。

わーちゃん、痛いよ!そんなにしがみ付かれると、私の毛皮が抜けちゃうわ!?

本当に困ったわねー?わたしがわがしちゃんとだがしちゃんを抱えているけれど、それでも全身は覆えないものねー?

ねりもこの寒さは辛いのだ…。寒すぎて飛べないのだ…。

ねりちゃんもポケ二倍、寒さに弱いですものね。私には、とっても気持ちが良い気温なのですが…。

は、早く…。ぽ、ポケモン泥棒…。捕まえ、て…。ここか、ら…。で、出ましょ…。ぶえっくしゅん!?


――閑話休題。


寒さへの弱さは雨粒軍団並み?

わがし→炎は苦手だけど、それでも寒さの方が耐えられない…。
ようがし→得意でもないけど、わがしのように極端じゃない。
だがし→湯たんぽ代わりに重宝されるけど、自慢の毛皮を引っ張られるから凄く困る。
からがし→わりと平気。わがし(とだがし)を抱っこし、ねりがしを担いでいるので、実は一番、暖かいポジションを陣取っていたり…。
ねりがし→わがしの心の友。タイプ的にだがしを独り占めしたいけど、お姉ちゃんの為に我慢している。
こおりがし→独断場。氷の上が一番、動きやすいレベル。

BWの世界には四季が存在するので、今回のプレイ日記は超特急で完結しないといけませんね。
*一か月で四季が巡る為、四月、八月、十二月に遊ぶと“冬”になります。


まさか このなかに
プラズマだん いないよな…?

チャンピオンへの挨拶に行く道中、少しだけ寄り道をしていた一行。
アイテム目当てでウロウロしていたところ、数年ぶりにチェレン君と再会しました。

中にプラズマ団が居るのかどうかをブツブツと言っている彼ですが…そこまで進んでいた事にビックリなセールイ君(主人公)。

つよい いがいに
だいじな ことって あるのかい?

この台詞って、今まさに行う予定だったイベントの時の台詞だったんじゃ…?
*結論だけ報告すると、幼稚園児二人組とのバトルを終えた後なのかの判別は出来ませんでした(なんせ3年も前の話ですし…)。


さむくて かなわんぞ…

冷凍コンテナの一番奥。
プラズマ団の下っ端に囲まれて暖を取っていたのは、七賢人のヴィオさん。

王の友達しか所持していない七賢人を守る為に、下っ端軍団が襲い掛かって来ますが…こおりがしが瞬殺していきます。
*チェレン君じゃないですけど、メンドーなんでダブルなりトリプルなりでまとめて来てほしい…。


おまえたち この
ポケモンドロボウを つれていけ!

数年ぶりに再会した(らしい)ヤーコンさんに後の事を押し付け、寒いコンテナから脱出する幼馴染みコンビ。
オレ様に挑戦する権利をやろう!と言われたので、ポケモンセンターで回復してからジムに向かいますが…。

おせわに なった
どうしを ひきとりに きました

数か月ぶりに再会したゲーチス様の後ろ姿が…。

わしは正直者だから言葉は汚いけど、アンタは言葉は綺麗だけど嘘くさい…。
そう語るヤーコンさんに、今ホドモエにたくさんの部下がいるんだけどな?と脅すゲーチス様の大人な駆け引きを呆然と眺めます。

それでは みなさん
また いつの ひか
おあいすることも あるでしょう

恐ろしい雰囲気をまき散らしながら去って行く姿に、ブルブルと震えるお菓子軍団(まだコンテナから出たばかりだもんね…)。


まあ とりあえずは
これを さしあげるっす!

ジム内のおじさんから美味しい水をいただき、何故かホッとする一行であった。


メンバー
わがし(フシギダネ♀)レベル56
ようがし(ギャラドス♀)レベル57
だがし(ブースター♀)レベル60
からがし(カビゴン♀)レベル57
ねりがし(プテラ♀)レベル57
こおりがし(ラプラス♀)レベル32



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ぽち猫

初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。